賃貸のインテリア術

原状復帰の賃貸インテリア

賃貸マンションのインテリア

マンションの室内にインテリアを配置したい時には、テーブルやチェア、ソファなどの様々な品物の値段やデザインなどにこだわることが大切です。最近では、大手の住宅情報誌などで賃貸物件に活用できるインテリアの選び方について、大々的に特集が組まれることがあるため、人それぞれの経済的な事情に応じて、魅力あるアイテムを購入することが良いでしょう。また、賃貸マンションの契約プランの内容に工夫をすることによって、それぞれの希望に応じて室内の状況を変化することができるため、いざという時に備えて、熟練の担当者と交渉をすることがコツです。

賃貸でも楽しめるインテリア

賃貸住宅に住んでいると、インテリアを十分に楽しめない、といったことは多いと思います。国土交通省の規定するガイドラインにおいても、必要以上に壁にダメージを与えてしまった場合には借主が負担しなければならない、とされています。しかし、そんな賃貸住宅でも工夫次第では十分にインテリアを楽しむことができるのです。簡単なものでは、画鋲や虫ピンなどをつかった装飾です。その程度の穴であればとがめられることはないので、画鋲でポスターを貼るなどでも十分部屋の雰囲気は変えられるでしょう。また、はがせる壁紙などを貼るのも楽しいでしょう。ただし、一緒に元の壁紙をはがしてしまうと大変なので、目立たないところで試してから貼るようにしましょう。

↑PAGE TOP